18 Aprお金を借りるときに使う個人情報

お金を借りるには、必ず会社の審査が必要ということがありますが、この審査では個人情報を利用します。中でも絶対に使う情報などを覚えておくことで、よりスピーディーに審査を受けることができるかもしれませんから、必要な書類を覚えておきましょう。


お金を借りるには身分証がいる

お金を借りるときに絶対に使うのが、本人確認書類です。多くの場合、お金を借りる資格として18歳以上で高校生ではないこと、安定した収入があることなどが挙げられていますが、これらも公的に自分の身分が証明できるものがない限りは、利用することができません。パスポートや学生証ももちろん、免許証などを利用するケースが多いそうです。免許証の場合には、免許証番号があるので審査では利用しやすいという声もあると言われているそうです。


高額の融資を依頼するときは源泉徴収票などを

お金を借りる金額が高い場合には、第三者に自分の収入を証明できる書類が必要です。源泉徴収票のほか、給料明細などを利用できる会社もあります。消費者金融では一社から50万円を超える場合、複数社をあわせて100万円を超える場合は提出が義務になると法律で決まっています。銀行が行うキャッシングの場合には少し異なる部分がありますが、これは法律が変わるからです。

Comments are closed.